E-3 【抜錨!海上輸送部隊】 コロネハイカラ島東方沖 【甲】 突破 + 海風掘り

E-3 【抜錨!海上輸送部隊】 コロネハイカラ島東方沖 【甲】 突破

◆編成 & 装備
【第1艦隊】

【第2艦隊】

【道中支援艦隊】

【決戦支援艦隊】


※上記の第1,2艦隊の装備は【甲】攻略時、海風掘りは【丙】に落として行った。
E3攻略には輸送護衛部隊の結成を強いられる為、第1艦隊に駆逐4、第二艦隊に軽巡1駆逐3が固定枠となる。駆逐はE1,2に投入した夕立や雪風に加え、敵の攻撃を耐える事に特化した天津風やBepを選出した。軽巡は開幕雷撃を放てる阿武隈が最善手だろう。
ルート固定の為にあきつ丸、航巡1、重巡2を編成。あきつ丸は艦戦を装備して制空優勢を取る非常に重要な役割も担う。
制空値はボスマスに優勢を取れる114に調整。ボス編成が最終編成に変化すると要求値が上がるので艦戦をもう1機積む必要がある。
ドラム缶は計14個搭載し、ゲージをA勝利の場合86、S勝利の場合123削る事が出来る。
より安定した出撃を行うように第2艦隊の連撃駆逐は対空カットイン装備に、重巡には夜偵と照明弾2を装備させている。
【甲】攻略を行う場合、道中支援艦隊が来ない事は損害が出る事と同義なので面倒でもしっかり全キラを推奨。



◆掘り(乙) A勝利:3 撤退D:1
S古鷹、
◆掘り(丙) A勝利:0
S榛名、S飛鷹、S妙高、S加賀、S熊野、S赤城、S加賀、S龍驤、S筑摩、S加古、
S海風

当初は気持ちドロップ率が高いであろう【乙】にて掘りを行っていたが、5回出撃して1回しかS勝利が出来ず、「此れは無理」と判断した。因みに此の時点では道中支援艦隊に全キラを行っていない。
【丙】に落とした後も道中、決戦共に支援を出していた事もあり、勝率が急上昇。11回目のS勝利にて無事海風を迎える事に成功した。

以下【甲】攻略


















◆戦歴 S勝利[123] A勝利[86]
撤退C、S勝利、S勝利、S勝利、A勝利、S勝利、S勝利、<最終編成>S勝利
◆ドロップ
S妙高、S霧島、S隼鷹、A筑摩、S舞風、S比叡、S高雄

出撃1回目に出鼻を挫かれるも、その後は順調に事が進み計8回の出撃にて海域を攻略した。
道中支援に全キラを付けた事が功を奏したのか、安定して2、3隻の敵艦を撃沈してくれる。厄介な軽巡ツ級や重巡ネ級、戦艦ル級をも戦闘不能に追い込む場面もあり非常に有効。
然し矢張り損害ゼロとは中々行かず、道中大破は発生するのであきつ丸に装備している艦隊司令部を使用し強引に突破している。駆逐艦が2隻退避した程度では十分にA勝利を狙える事があるので希望は捨ててはいけない。
ボス戦では決戦支援が開幕に何隻撃沈出来るかで難易度が全然違うので此方も非常に重要。今回の攻略では7回中6回をS勝利する素晴らしい戦果を上げた。

敵最終編成時には水母棲姫が本気モードに移行し、随伴も強化。
此処であきつ丸の装備を変更するのを忘れる痛恨のミスを犯し制空優勢を取る事に失敗する。然し支援艦隊が戦艦タ級1隻と駆逐1隻を落とす絶妙な活躍を見せる。遭遇形態は同航戦。
私のミスをフォローするかの如く羽黒が戦艦タ級を、阿武隈が駆逐を、夕立が軽巡ツ級を撃沈。第2艦隊の砲撃にて水母棲姫以外の敵を沈黙させる。
割合ダメージにて削り夜戦。綾波の連撃が見事突き刺さり水母棲姫を撃沈した。



E3突破報酬は練習巡洋艦の鹿島。
鹿島からは嗜虐心も被虐心も満たしてくれそうな凄まじいデザイン性を感じる。
釣り目と口元から迸るドSのオーラ、かと思えば意外と無邪気な会話をするし、此れが小悪魔というやつなのかも知れない。
鹿島を手に入れて表情以外に私が先ず目が行ったのは胸部の描き込みだ。胸を制服が包み込み非常に美しい形状に描かれている。此れは良い乳袋。
中破のギリギリ感も素晴らしい。胸は通常のイラストよりも大きく感じる所を見ると制服が押さえ込んでいた事が分かる。下半身はショーツが破れ(元々穿いていた確証は無いが)美しい鼠蹊部が露になっている。
練習巡洋艦は演習の仕様にもテコ入れが入り使い易くなったので、鹿島にも役目を果たす機会は訪れるだろう。



そんなこんなで【主作戦】海域を全て【甲】にて突破完了。
続くE-4にはグラーフ・ツェッペリンのドロップが見込めるので、先ずは彼女を掘り当てる事から始めようと思う。

スポンサーサイト

テーマ : 艦隊これくしょん - ジャンル : ゲーム

TAG : 艦隊これくしょん 突入!海上輸送作戦 E-3

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する